アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KDDIがiPhone5を販売、サムスン・ギャラクシー投入も狙い、スマホで最強の布陣に

携帯電話国内2位のKDDIが米アップルのスマートフォン、「iPhone」を発売することが濃厚となった。

 発売時期は年明けとなる予定だが、KDDI側は発売時期を早めたい意向で、年内発売に繰り上がる可能性もある。

 iPhoneはアップルの人気端末。累計販売台数は全世界で1億台を超える。その最新機種は来月4日(日本時間で5日深夜)にアップルから発表される。日本での発売は、同月中旬頃となる見込みだ。

 現在、日本では、iPhoneは業界3位のソフトバンクのみにより、独占的に販売されている。だが、世界的には、複数の通信事業者による取り扱いがほとんど。本国米国でも今年2月、ベライゾン・ワイヤレスが取り扱いを開始し、07年以降長らく続いてきた、AT&Tによる販売独占が崩れている。

 国内首位のNTTドコモ、同2位のKDDIとも、水面下でアップルと交渉を行ってきたが、ドコモは販売条件などで折り合わず断念した。一方のKDDIは、昨年から交渉を開始。iPhone獲得に向けた意欲はすさまじく、アップルが突き付ける相当に厳しい販売条件も唯々諾々と受け入れたという。今夏には、販売開始の合意に至った。

 その後、業界内には、KDDIによる取り扱い開始に関し、次第にまことしやかなうわさが流れ始めていた。

 初回ロットの発注、なんでこんなに少ないんだ?――国内端末メーカーのもとには、明らかな異変が生じていた。年末以降発売していく新製品について、KDDIはこの時期、メーカー側に発注を行っていく。だが、その数量が、例年に比べ明らかに少なかったのだ。他社と情報を交換しても、数が合わない。やはりiPhoneの販売が始まるのか――そうした声が、日増しに強まっていった。

page: 2

 販売代理店でも、KDDIからのiPhone発売を前提としたとみられる下準備が一部で進められている。まだ販売開始の正式通知は一切ないが、「iPhoneが出る可能性はかなり高い」(販売代理店幹部)と業界では確信を深めている。

 iPhoneだけではない。KDDIは連休明けの26日、冬の新製品発表会を控える。ここでは通常の通信方式のほかに、高速通信のWiMAX(持分法適用会社のUQコミュニケーションズが手掛ける通信方式)を利用できるスマートフォン4機種(富士通、京セラ、HTC、モトローラ)などを発表する。年末販売の予定だ。

 さらに来春には、iPhoneの対抗馬とされる韓国・サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシー」シリーズの取り扱いを開始するといううわさもある。ギャラクシーは現在、日本ではドコモのみが販売しており、同社でもっとも売れている有力なスマートフォン。それを取り扱うこととなれば、KDDIは一挙に国内最強の端末ラインナップを誇る携帯電話事業者に踊り出ることになる。

 iPhoneを武器に、ソフトバンクが一人勝ちしてきた近年の携帯電話業界。だが、主要3社中、もっとも品揃えの悪かったKDDIが仕掛ける攻勢で、今後勢力関係は混沌としてきそうだ。


ソース
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お買い得商品情報

広告

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
おすすめメモリースティック
RSSリンクの表示
検索フォーム
カテゴリ
PS3 (5)
PS4 (7)
iOS (2)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazonなら普通に買うより二千円安いメモカ

PING送信プラス by SEO対策

PSP☆ORICON☆100
キーワード検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。