アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌煙、小中高生に浸透=「将来たばこ吸う」大幅減―脱法ハーブ半数超が認識・文科省

小中高生を対象にした薬物や喫煙、飲酒に対する意識調査で、「将来たばこを吸うと思う」と答えた児童・生徒が小5~高3の全学年で6年前の前回調査から大幅に減少し、男子で9%以下、女子では4%未満になったことが分かった。文科省は「啓発教育の効果と思われる。今後は脱法ハーブなどの害についても認識させていく必要がある」(学校健康教育課)としている。

 調査結果によると、将来の喫煙に関する質問では、男子が3.9%(小6・中1)~9.0%(高3)、女子が1.5%(小6)~3.4%(高3)が吸うと回答。前回調査(2006年)は男子6.6~17.2%、女子3.4~7.5%、前々回(00年)は男子15.5~30.2%、女子6.9~11.5%で、2回連続で大幅に減少した。

 「吸いたいと思ったことがある」「吸う人をかっこいいと思う」も全ての学年で連続して減少。飲酒に関する質問でも同様の傾向が見られた。

 また、薬物を絶対使うべきでないとの回答は上昇し、85~95%に達した。「脱法」や「合法」などのハーブ類については、53~83%が「知っている」と回答。最も低い小5では、大麻やシンナーよりも認知度が高かった。 

ソース

なんの問題もない
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お買い得商品情報

広告

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
おすすめメモリースティック
RSSリンクの表示
検索フォーム
カテゴリ
PS3 (5)
PS4 (7)
iOS (2)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazonなら普通に買うより二千円安いメモカ

PING送信プラス by SEO対策

PSP☆ORICON☆100
キーワード検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。