アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Android向けフルスピードDSエミュレータ DraStic


NeoGAFで、Android端末向けのニンテンドーDSエミュレータDraSticがリリースされたことを伝えていました。

ニンテンドーDSは縦積みの2画面でタッチパネル操作なのでスマートフォンでのエミュレートは不向き(Medias W除く)かと思っていましたが、考えてみれば横に並べれば操作できますね。

ということで、ニンテンドーDSの画面をAndroidスマートフォンの横向き画面に横に並べたDSエミュレータ DraSticがリリースされました。ちなみに画面配置やその画面サイズはカスタマイズできますので、横配置はあくまでも一例です。

開発者はExophase氏(個人名ではないかもしれません)でGoogle Playにて799円で販売されています。

特徴としては、DSゲームを「フルスピード」で動作させられることが挙げられます。

コントローラーをサポートしているので、デモ動画のようにXperia Playでプレイできます。

エミュレータの特徴であるステートセーブにも対応していますし、Google Driveを利用したセーブデータの同期にも対応しています。オンラインプレイできないのでやりたい人はご自由にどうぞ、というところですがチートも可能です。

速度は「フルスピード」ですが、早送りプレイにより更に高速化することも可能です。

一方で、DraSticはDSのBIOSファイルが必須ですので、自分のDSから吸い出してやる必要があります(FlashactとDSBF DumpのようなHomebrewを利用)します。当然のことながら、起動させるDSのROMはバックアップに限られます。Tegra 2はサポートしていないため、Tegra 2搭載スマホの場合はDraSticは起動しません。

BIOSファイルはSDカードかDownloadフォルダのルートに配置します。

ソース
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お買い得商品情報

広告

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
おすすめメモリースティック
RSSリンクの表示
検索フォーム
カテゴリ
PS3 (5)
PS4 (7)
iOS (2)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazonなら普通に買うより二千円安いメモカ

PING送信プラス by SEO対策

PSP☆ORICON☆100
キーワード検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。