アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ナスカの地上絵」 山形大研究チームが新たな地上絵発見

謎多き文化遺産として世界的に知られる、南米ペルーの「ナスカの地上絵」をめぐり、日本の研究者が新たな発見をした。
一見、何の変哲もない地表の様子に見えるが、2つの人体とみられる地上絵が描かれているのだという。
今回、この地上絵を発見した山形大学の研究チームによると、描かれた時期は、紀元前400年から200年ごろで、全長は13メートルほどだという。
さらに、2つの人体とみられる地上絵のうち、1体の頭と胴体が分断されている様子などから、何かの儀礼行為を表している可能性もあるということで、現地でさらなる調査を続けるという。

ソース
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お買い得商品情報

広告

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
おすすめメモリースティック
RSSリンクの表示
検索フォーム
カテゴリ
PS3 (5)
PS4 (7)
iOS (2)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazonなら普通に買うより二千円安いメモカ

PING送信プラス by SEO対策

PSP☆ORICON☆100
キーワード検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。