アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 8/RTにおけるFlashコンテンツの対応方針が転換。ほとんどが既定で表示可能に

米Microsoft Corporationは12日(現地時間)、Windows 8/RTの「Internet Explorer 10」(以下、IE10)におけるFlashコンテンツの対応方針を変更し、ほとんどのFlashコンテンツを既定で表示できるようにすると発表した。この新しい方針を反映した更新プログラムは、明日以降、Windows Update経由で配信される予定。

 Windows 8のIE10のうち“Immersive IE(没入型のIE)”と呼ばれる全画面表示のタッチ操作向けのIE10には、「Adobe Flash Player」プラグインが内蔵されている。このプラグインはAdobeの協力を得て開発されており、タッチ操作への対応やバッテリー寿命の改善が施されている。Windows RTに搭載されている「Adobe Flash Player」プラグインもこのタイプだ。

 ただし、そのプラグインが有効化されるのは、タッチ操作への応答性、パフォーマンス、バッテリー寿命などの基準を満たし、互換性表示リスト(CV List)に掲載されたWebサイトに限られる。それ以外のサイトではWindows 8の“Desktop IE(デスクトップで動作する従来のIE)”で開き、ActiveX版のプラグインを利用する必要があった。Windows RTでは表示することもできない。

 しかし、さまざまなWebサイトで互換性のテストが行われた結果、ほとんどのWebサイトでは互換性の基準を満たすことが確認された。そのため、CV Listをホワイトリスト方式からブラックリスト方式へと変更するという。つまり、ほとんどのWebサイトでFlashコンテンツの実行は原則許可され、基準を満たさないサイトのみがCV Listに掲載され、Flashコンテンツの実行がブロックされるようになる。
ソース
|д゚)開発者も大変だなぁ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お買い得商品情報

広告

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
おすすめメモリースティック
RSSリンクの表示
検索フォーム
カテゴリ
PS3 (5)
PS4 (7)
iOS (2)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazonなら普通に買うより二千円安いメモカ

PING送信プラス by SEO対策

PSP☆ORICON☆100
キーワード検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。