アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップルの電子書籍「iBookstore」詳細--質を重視した日本でのこだわり方

 アップルは3月5日の深夜、日本向けに「iBookstore」をオープンし、電子書籍の販売を開始した。合わせて無料でダウンロードできるiOS用電子書籍リーダーアプリ「iBooks」のバージョン3.1を公開した。


 現在は、アプリはもちろん、iTunes上にも「ブック」カテゴリが登場し、PCやMacからも購入できるようになっている。先行してきた音楽配信サービスやアプリなどと同様に、共通の「Apple ID」を使用して決済ができるのもアップルの強みの一つだ。

 また、「iCloud」を経由して、購入した本や途中まで読んだブックマークなどを複数の端末で同期できる。通勤ではiPhoneで読み、自宅ではiPadの大画面で読む──といったことも手軽にできる。

 なお、アップルから正式にプレスリリースが出たのは3月6日の午前9時半で、、同日の未明までサイトが順次更新されていたようだ。もし正式オープン前の深夜にストアを見てラインアップにがっかりしたならば、今改めて見てみると印象が変わるかもしれない。

 アップルによれば、正式な現在の取り扱い冊数は公表していないが「数万点」とのこと。毎週水曜日に更新し、今後もラインアップを拡充していくとしている。


 すでにサービスをスタートしている「Newsstand」とは異なるもので、Newssandは新聞や雑誌などの定期刊行物を中心とし、iBookstoreでは書籍やコミックを中心にして棲み分ける。


ソース
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お買い得商品情報

広告

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
おすすめメモリースティック
RSSリンクの表示
検索フォーム
カテゴリ
PS3 (5)
PS4 (7)
iOS (2)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazonなら普通に買うより二千円安いメモカ

PING送信プラス by SEO対策

PSP☆ORICON☆100
キーワード検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。