アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高裁「MobileMeもDropboxも違法である」

最高裁判決のポイントは簡単にいうと、インターネットを使って他人の著作物を送信した場合は、それが自分だけにあてた通信であっても自動公衆送信となり、それを行なったのがユーザーであっても、設備を提供した業者が自動公衆送信の主体になるということです。この判決の射程は非常に大きく、およそインターネットのサーバやルータはすべて自動公衆送信装置となり、公衆回線で他人の著作物を送信することはすべて違法になります。
抽象的にいうとわかりにくいので、実例で説明しましょう。あなたが自分のCDをリッピングしてMP3ファイルにし、MobileMeのサーバに送ってiPhoneでダウンロードして使うと違法になります。アップルは自動公衆送信の「主体」としてJASRACに訴えられる可能性があり、これはMYUTAと同じ構造なのでアップルが敗訴することは確実です。サーバが海外にあっても、アップルの日本法人を相手どって損害賠償訴訟を起こすことは可能です。

このようなオンライン・ストレージはDropboxやEvernoteなどいろいろありますが、すべて日本の著作権法では違法です。Gmailに音楽や映像のファイルを添付して携帯にダウンロードするのも違法です。たとえ業者が送受信を行なっていなくても、送信可能にしただけで著作権侵害の「主体」になるというのが最高裁の判決です。

もちろんこれは私の解釈だから、裁判所はもう少し制限的に解釈するかもしれないが、これまでの判決から推定すると、上のような例は論理的に成り立ちます。すると企業の法務部は最悪の場合を考えて事業をチェックするので、日本の企業がクラウド型サービスを行なうことは不可能になるでしょう。先日もある通信事業者から相談を受けましたが、彼の結論も私と同じで「クラウド型の新規事業は当分やらない」ということでした。訴訟リスクが大きいものは、とりあえず止めるしかない。

最高裁の判決は「司法としては今の著作権法を厳格に解釈するとこういう結論になるので、あとは国会が考えろ」ということかもしれない。こういう判例が出たことで訴訟で解決することは不可能になったので、あとは著作権法を改正するしかありません。検索エンジンのように日本のビジネスが壊滅してからでは遅すぎます。


ソース
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お買い得商品情報

広告

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
おすすめメモリースティック
RSSリンクの表示
検索フォーム
カテゴリ
PS3 (5)
PS4 (7)
iOS (2)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazonなら普通に買うより二千円安いメモカ

PING送信プラス by SEO対策

PSP☆ORICON☆100
キーワード検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。