アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC 日本「不参加も辞さず」 2013年大会 収益分配で折り合わず

日本代表が2006年、09年と連覇した野球の国・地域別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」。13年の第3回大会には28カ国・地域が出場予定だが、日本はまだ参加を表明していない。大会の収益配分を巡る主催者側との話し合いがまとまらないためで、日本プロ野球選手会(新井貴浩会長=阪神)は「大会不参加も辞さない」と強気の構えだが…。(プロ野球取材班)

 選手会が要求しているのは、日本のスポンサーからの収入を丸ごと手にする権利などだ。09年大会では日本のスポンサーから約9億円の収入があったが、大会の収益約1800万ドル(金額が確定した昨秋のレートで約15億円)のうち日本野球機構(NPB)への分配はわずかに13%(2億円弱)。「選手の参稼報酬を払えばとんとんの額」(選手会)だった。一方、大リーグ機構(MLB)と大リーグ選手会には66%(約10億円)が入った。

 サッカー日本代表の場合、国際大会の日本のスポンサー収入は日本サッカー協会に全額入り、選手の強化費などに使われている。選手会は「WBCでも日本のスポンサー収入はNPBに入るのが筋」と訴える。選手会ばかりでなく、巨人の渡辺恒雄球団会長が「何でメジャーにいちいち屈服しないとならんのか。アメリカ帝国主義はいい加減にしろといいたい」と発言するなど、球界関係者の間でも反発の声が強い。
これに対し、主催者側は「日本の要求を受け入れれば大会が成り立たなくなる」との主張だ。「WBCは野球の世界普及が目的。大きな収益のある米国と日本には他の参加国を手助けする責任がある。日本の主張を飲めば、裕福な国はより富むが参加国は激減する」とMLBアジアのジム・スモール副社長。「万が一日本が不参加を決めても、大会は成功を収めるだろう」とこちらも引く気はない。

 今月中旬にはオーナー会議議長を務める楽天・島田亨オーナーらが渡米し、改めて主催者側と協議するが、落としどころが見つかるかどうかは不透明だ。

 ただ、09年大会で日本のスポンサーは商品などに「WBC」のロゴを使っていた。つまり、「日本代表」ではなく、「WBC」をスポンサードしていたという理屈が成り立つ。スポーツビジネスに詳しい帝京大の大坪正則教授は「ロゴに関して言えば、日本のスポンサー収入をNPBへという主張は根拠に乏しい。ただCMや関連グッズに選手の映像や写真が使われていれば、肖像権に関する請求は可能」と見る。また、「『お金の問題で出られない』では3連覇を期待する日本のファンは納得できない。できるだけ早く交渉を決着させ、参加を決めるべきだ」と指摘する。3連覇の名誉か、それとも収益か…。“侍”の抱える悩みは深い。


ソース
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お買い得商品情報

広告

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
おすすめメモリースティック
RSSリンクの表示
検索フォーム
カテゴリ
PS3 (5)
PS4 (7)
iOS (2)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazonなら普通に買うより二千円安いメモカ

PING送信プラス by SEO対策

PSP☆ORICON☆100
キーワード検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。